INNER BLAZE - NIKOLETTA SZOKE

INNER BLAZE - NIKOLETTA SZOKE

Atelier Sawano

  • ¥2,571

入荷予定

完売

INNER BLAZE

ニコレッタ・セーケ

Release Date : 02/28/2012
Product Number : AS119
Recording : 2011
Format : CD

心の中の静かなる青碧のともしび……一人の女性として等身大の愛の歌が、前向きな気持ちにそっと明かりを灯す。

慣れ親しんだポピュラー音楽はその時代を雄弁に物語る。脳裏に焼き付けられたそのメロディーは時を超え、瞬時にその時代に思いを馳せることができる。同時に、もう一度心を奮い立たせる見えないパワーが音楽にはあるように思えてならない。

本作品に収録された1ダースの曲に煌めく8曲のカバー。このセレクトセンス、絶妙。オープニングはAORの雄、マイケル・フランクスの代表曲「Antonio's Song」。ボサノヴァの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げた、愁いを帯びたアンニュイなメロディーを彼女はさりげなく、煌めくその多彩な声質で歌い上げる。つづくスティングの色褪せない名曲「Fields of Gold」。彼の詩は極めて難解で、聴く側、あるいは演奏する側の力を試しているのではなかろうかと思うほど。ニコレッタの声の響きで歌い上げると、風にそよぐしなやかな青い麦畑の景色が広がる。たとえば“私は今日誓う。残された日々、黄金の大麦畑を共に歩こう”のあたりは、希望に満ち溢れていて、まるで震災に見舞われた米どころの東北地方に対し、遥か遠いブタペストから復興に向けてのエールを送ってくれているかのようだ。2011年の暮れに録音されたのは偶然ではなかろう。

時代を越え、あらたに息吹を吹き込んでいる。ただただひれ伏すのみ。そして名手ラカトシュのピアノはクリスタルの輝き湛え、彼女の声を一層引き立て、そのメロディーは再び深く深く、脳裏に刻みこまれる。

Text by 前泊 正人

FEATURED ARTISTS
Nikoletta Szőke : vocal
Robert Lakatos : piano
József Horváth Barcza : bass
Andras Mohay : drums
Márton Fenyves : guitar
Gábor Bolla : tenor sax

TRACKLIST

関連商品