FURTHER DOWN THE ROAD - ALAN BROADBENT TRIO

FURTHER DOWN THE ROAD - ALAN BROADBENT TRIO

Atelier Sawano

  • ¥2,571

入荷予定

完売

FURTHER DOWN THE ROAD

アラン・ブロードベント・トリオ

Release Date : 09/11/2003
Product Number : AS032
Recording : 1985
Format : CD

小さな「極楽」ここにあり。ゆったりと体を浸し、こころゆるめるなめらかな演奏。ブロードベントのスタンダードが、あなたを微笑ませる。
このところ、日帰り温泉施設、というものが各地にできて随分手軽に温泉気分を楽しめるようになった。それは結構なことなのだが、その一方でずっと日本の都市風物であり続けた銭湯が窮地に追い込まれているのはどうも淋しい。そのうち、かぐや姫の「神田川」を聞いても何のことやら分からない世代が現れるのだろう。銭湯は、当たり前だが毎日湯を変える。午後そう遅くない開店時間に入ると新しい湯は肌を刺すようだ。これが、夜も遅くなると実にまったりとやわらかになる。神経質な人には具合の悪いことかもしれないが、多分それを分かると分からないでは人生の質は違ったものになるだろう。
サワノのカタログには既にブロードベントの作品『Song of Home』があって好評を得ている。これはその姉妹編にあたるアルバムで、例によりアナログでの入手は困難なシロモノだ。そしてこれまた例によりとても聞きやすく親しみやすい。ジャズにとっては辺境というしかないニュージーランドからこういう誰からも愛されるものを探してくるあたり、まさにサワノの真骨頂。
で、それがどうして銭湯なのか、と言うと……お分かりであろう?そう、これは午後10時の湯そのものなのだ。ゆったりと体を浸し、一日の辛さも霧消してしまうような、なめらかな心地よさ。スタンダード中心の選曲も「おっ、ええ曲やっとるがナ」と思わずにっこりするこなれ方だ。まずはTr.1をお試しあれ。気持ええよ。おっと、風呂あがりにはコーヒー牛乳だ。ちゃんとそれもラストに用意されている。小味の効いた、趣味の良いソロ。ささやかだけど、これはピアノ・ジャズの極楽なのだ。
Text by 北見 柊

FEATURED ARTISTS
Alan Broadbent : piano
Andy Brown : bass
Frank Gibson : drums

TRACKLIST

関連商品