MACARON JAZZ - SERGE DELAITE TRIO

MACARON JAZZ - SERGE DELAITE TRIO

Atelier Sawano

  • ¥2,571

入荷予定

完売

MACARON JAZZ

セルジュ・デラート・トリオ


Release Date : 05/25/2012
Product Number : AS121
Recording : 2010
Format : CD

フランスから音のパティシエ、セルジュ・デラートが丹精込めて奏でた珠玉のナンバー。濃厚で上品な味わいとスムースなテイストはまさに極上のスウィーツ。

ミュージシャンに、コンポーザー・タイプとプレイヤー・タイプがあるとすれば、セルジュが後者に属する事に異論は無い筈だ。明るく澄み切った音色と軽やかなリズムのため方に個性があるので、彼が弾けば、いつの時代のどんな曲だって、彼のものになってしまう。

その持ち前の明るさは、Tr.1のようなスタンダードから、Tr.2のバップ曲で遺憾なく発揮されているし、Tr.4のS・ワンダーによる珠玉のバラードでは、まるで泣きながら微笑んでいるかのように複雑な表情を浮かべる。そして幸せな曲第一位(脳内調べ)のS・ロリンズ作「Valse Hot」の演奏の醸し出す幸福感はどうだろう。生来悲しい事より嬉しい事で涙腺が緩む傾向のある私は、ちょっと人前では聴けない。控えめなスキップのように始まり、細部まで心を込めた指使いでなだらかに山場を作るセンスが、ジャズ・ワルツには抜群の相性なので、殊更幸せな気分に浸る事が出来る。こうして言葉にするといかにも軽薄に響くが、それが高度な技術的裏付けと長年の禁欲的な鍛錬の賜物である事を伝えようとか、音楽用語や美辞麗句でデコレーションしようとすればする程、真実から遠ざかってしまう気がする。

正に批評は易しく、芸術は難しいのだけれども、リスナーは美味しいものを食べた時のように、ただ微笑めばいいのだろう。お菓子の包装紙風にデザインされた可愛らしいパッケージを開封する時、甘い香りまで漂ってきそうだ。

Text by 羽根 智敬

FEATURED ARTISTS
Serge Delaite : piano
Henk Arts : bass
Jean-Marc Lajudie : drums

TRACKLIST

関連商品