ジャズ者 仁義なき戦い

第一部 GRAND ENCOUNTER

澤野工房 スタッフ

「HPの容量がでかいからなー」と澤野氏は言った。いらんこと書いてええんやったらそれ埋める手伝いしょうか?とこうなった。従ってこの文章は毒になってもクスリにならない偏見に満ちたことを書いてある。あらかじめお断りしておく。

続きを読む →

第二部 FIRST PLACE AGAIN

澤野工房 スタッフ

澤野由明のフェイヴァリット・ミュージシャンは誰か?

今密かな話題となっている(どこでや?)この謎を今回は扱うことにしよう。

澤野工房は現在のところピアノ・トリオのリリースを専らにしているから、きっと 彼はピアニストが好きに違いない、と誰しも思うだろう。それも多分ビル・エヴァンスじゃないか?いやいや、あれだけヨーロッパに強い人だし、エヴァンスというのはあまりにもストレートに過ぎる。ここは一番ウォルフガング・ダウナーあたりにしと こか……え?そこまでいくとちょっとクサイ?まあそうですね。

続きを読む →

第三部 UNDER PARIS SKIES

澤野工房 スタッフ

ジョン・ルイスの訃報が届いた。これで完全にMJQも終焉したな、と思う。

The Last Concertという二枚組が出たのは70年代のことだ。なんのかんのとそれ以降も活動していたことを思えば実に看板に偽りありとしか言いようもないのだが、実のところそれがジャズ入門だった人間にしてみればやはり感慨がある。 

続きを読む →

第四部 INTRODUCING……

澤野工房 スタッフ

ナゾのレコード会社「ページワン・レコード」。

名前を聞いて、「ああ、知ってる」という方がいればそれはマニアというか……偏ってるというか……もしくは余程の物知りということになるだろう。

続きを読む →

番外編 SKETCH MUSIC

澤野工房 スタッフ

澤野工房のCDに付されたナンバーには主に2種類ある。これはもはや周知のことと思うが「AS」で始まるものと「SKE」で始まるものだ。

続きを読む →