VLADIMIR SHAFRANOV | ウラジミール・シャフラノフ

1948年レニングラード(現在のサンクト・ペテルブルグ)生まれ。4歳の時からピアノとヴァイオリンの練習を始め、10年後にリムスキー・コルザコフ音楽院を卒業。1973年イスラエルに移住し、1980年にフィンランドの国籍を得る。地元の大物イーロ・コイヴィストイネンと共演したのち、1983年ニューヨークへ移り、ジャズの本場で活躍を始めた。ロン・カーター、エディ・ゴメス、アル・フォスターといった超一流のアーティストと共演。澤野工房のASシリーズは「White Nights」からスタートし、現在でもレーベルの原点である。「ヨーロッパ・ピアノ」の認識に最も大きな影響を与えたピアニストであり、北欧の哀愁漂うメロディが特徴である。