MOVIN' VOVA! - VLADIMIR SHAFRANOV TRIO

MOVIN' VOVA! - VLADIMIR SHAFRANOV TRIO

Atelier Sawano

  • ¥2,619

入荷予定

完売

MOVIN' VOVA!

ウラジミール・シャフラノフ・トリオ

Release Date : 12/10/2000
Product Number : AS009
Recording : 1998
Format : CD

世紀を越えるピアノ・レジェンド = シャフラノフの「今」「動きつづける」 ヴォヴァ(=ウラジミール)にとって“White Nights”は既に過去のものとなった。風は冷たいが陽射しは暖かい、そんな小春日のようなアルバム。

MOVIN’VOVA。VOVAってなんだ?実はRICHARDをDICK、ROBERTをBOBと言うが如しで、VLADIMIRの愛称であるそうな。そう、これはピアノ・トリオ・ファンが待ちに待ったウラジミール・シャフラノフの新作なのだ。

あなたがある作家のシリーズものの一作を読んで気に入ったとする。当然ほかの作品も読みたくなる。LIVE AT GROOVYで狂喜したりWHITE NIGHTSで感動したピアノ・マニアも事情は同じであったろう。よく分かる。しかし、どうにもならない。シャフラノフのリーダー盤は先だって澤野工房がリリースしたこの2作だけだったのだから。そこへ、ようやく、と言うか遂に、と言うべきか本作が登場したわけだ。と、言ってもシャフラノフのこと、殊更気張って「新たなる挑戦」なんてことはしない。共演者も気心の知れた仲間たちで固めた演奏は緊張感とくつろぎのバランスも絶妙な味わい深いもの。ソロ・ピアノは親密な語りかけのようだし、まさに名曲名演のニューフェイスとも呼びたいTr.2は彼の充実ぶりを示してあまりある。

もちろん、透明感のある音色、弾むようなスイング感は健在。風は冷たいが陽射しは暖かい、そんな小春日のようなアルバムだ。待った甲斐は十分にあった。もしかしたらこれは幻のピアニストがジャズ・ジャイアントへの道を歩き出す第一歩なのかもしれない。だってシャフラノフはMOVING……今を生きているのだから。

Text by 北見 柊

FEATURED ARTISTS
Vladimir Shafranov : piano
Per-Ola Gadd : bass
Jukkis Uotila : drums

TRACKLIST

関連商品