vifa

情熱 技術力 そして
真の音を得るための絶え間ない努力

1933年、デンマークの小さな田舎町Videbaekでのこと。創立者であるN.C.Madsenは自動車機械工としての経験に替えて、スピーカー作りに情熱を注ぐことを決意して以来、この言葉がVifa(ヴィーファ)の基本理念となっています。 Vifaはすぐに多くの有名なハイエンドブランド向けスピーカーユニットの推奨サプライヤーとして発展し、世界中でその地位を保持していました。 可能な限り最高の音を作り上げるには組織編成、複数の技術的構成要素の複雑な調整にあります。Vifaブランドの背景にあるノウハウは音作りに関して絶対的に最高品質を得るための妥協の無い姿勢は、これまで多くのエンジニアによって守られてきました。

近年、上質なサウンドを直接お届けすることもVifaの大切な使命であると考えました。そこでVifaは2014年から2015年にかけて独自の新製品ワイヤレススピーカーを発表。

非常に誇り高き伝統と技術的専門知識を持つVifaのサウンドエンジニアに培われた本物のサウンドは、現在のシリーズの機能的で美しいスピーカーによって届けられています。それは独創的なデザインと素晴らしいサウンドを見極める、音楽を愛する一人ひとりのためのものです。 新モデルはVifaのコアバリューとなるユニークで楽しい融合体。本物のサウンド、希少な素材と技術が全て多目的なハイエンド製品に収められ、シンプルながら洗練された北欧デザインによって最大限の表現がもたらされています。

ヨーロッパのテキスタイルデザインのトップメーカーであるKvadrat(クヴァドラ)とのコラボレーションは、Vifaスピーカーの外観、手触り、そしてサウンドの重要な要素のひとつです。全てのモデルは特殊な織布製のカバーに包まれ、サウンドに妥協することなく製品に温もりと優しく深みのある表情を与えています。テキスタイルは糸の間から効率よくサウンドを通すよう設計。VifaとKvadratの両方の献身的なクラフマンシップと最高品質のための尽力が、Vifaシリーズの成功に大きく貢献しています。