MADRIGAL - CHIHIRO YAMANAKA TRIO

MADRIGAL - CHIHIRO YAMANAKA TRIO

Atelier Sawano

  • ¥2,571




MADRIGAL

チヒロ・ヤマナカ・トリオ

Release Date : 05/12/2004
Product Number : AS038
Recording : 2004
Format : CD

チヒロ、躍動!新たな旅立ちを告げる「ピアノの歌姫」。才気、情熱、そしてパワー。妖しいまでの魅力に溢れた音楽のメッセージがここに!

前作から一年半、DVDの発表を間にはさんではいるものの、ファン待望の山中千尋の新作だ。

彼女の大きな魅力はエレガンスと知性の結合だと思う。しかし、ライブ・パフォーマンスに接すると、ピアノに命を差し出さんばかりの集中力に圧倒されるし、何より「どこに隠れているのか」と思ってしまうほどのパワーが小柄な体躯から発散されるのに驚く。そうなると、「ピアノの歌姫」などと言う当初の印象はむしろこちらの勝手な思い込みで、彼女の本質には阿修羅を潜めたような激しさがあるのでは、と勘繰りたくもなる。

今回、それが如実に示された。快適なミディアム・スインガーのTr.1、師匠のジョージ・ラッセル作品を軽快な8ビートで駈けぬけるTr.2(これは非常にカッコいい)の二曲でそれはすぐに明らかになるだろう。それだけでは終わらない。歌声喫茶の定番をヘヴィーに演じたTr.5もあればブラジリアン・テイストの心地よいTr.6もある。Tr.8に至っては複数の楽器を操って哀愁が立ち上るようなタンゴを聴かせてくれる。まるで万華鏡だ。それでいて、そこには確かに山中ならではのものがある。熱気もグルーヴも繊細さもまぎれもなく彼女の「オリジナル」なのだ。これは彼女のアーティストとしての「我」が良い意味で強く押し出されたアルバムだ。

もしかするとそれは裏切りとすら見えるかも知れないが、同時に抵抗し難い魅力に溢れてもいる。Madrigal とは短い恋唄。そのタイトルを冠したTr.3にはは耳になじんだ山中がいる。けれど、そう、それは彼女の全てではあり得ない。移り変わる表情の鮮やかさに幻惑されながら、あなたは再び山中に恋することだろう。

Text by 北見 柊

FEATURED ARTISTS
Chihiro Yamanaka : piano
Larry Grenadier : bass
Rodney Green : drums
Jeff Ballard : drums

TRACKLIST

関連商品