PAOLO DI SABATINO | パオロ・ディ・サバティーノ

1970年、イタリア・テラモ生まれ。父の手ほどきの元、幼い頃からピアノを始める。90年同国Bari音楽院を主席で卒業後、94年ジャズの資格免許を取得。イタリア国内で放送されている主要なラジオ、テレビ番組でレギュラーを持ち、国内外の名門クラブやフェスティバルでも演奏活動を行う傍ら、Bari音楽院やラクイラにある音楽学校「A. Casella」で教鞭をとる等幅広い活動を行っている。聴く者の心が浮き立ち弾むような軽やかさと、ハードバップスタイルを継承しつつ、現代らしいスピード感を重視した情熱的な面を併せ持つピアニスト。コンポーザー、アレンジャーとしての能力も高く評価されており、シンプルながら色彩感覚豊かなオリジナル曲からはラテン音楽の影響も感じられる。