TENTATIVES - RENE URTREGER

TENTATIVES - RENE URTREGER

Minium

  • ¥2,619
    単価 あたり 
税込 全国送料無料


完売

TENTATIVES
ルネ・ユルトルジェ (ピアノ・ソロ)


Release Date : 09/15/2006
Product Number : MIN005
Recording : 2005
Format : CD

美曲を自ら紡いで尽きることがないユルトルジェは、誰もが取り上げてきたお馴染みの曲を、とても新鮮な解釈で差し出してくれる。美しい、その一言に尽きる。

ルネ・ユルトルジェは、年季の入ったジャズ・ファンの間では、バド・パウエル系ハードバップ・ピアノの名手として、さらに、マイルス・デイヴィスのシネ・ジャズ傑作『死刑台のエレベーター』に貢献したピアニストとして名高い歴史的人物である。しかしそれはすでに半世紀前の姿。ユルトルジェは大ベテランの世代になった現在もフランス・ジャズ界屈指のマエストロとして注目されている。その理由は、今も確かな腕前を保持しているというだけではなく、珠玉のオリジナル・メロディによる抒情的表現が加味された作風に対する支持が定着しているからである。オリジナル曲の素晴らしさを日本のリスナーに決定的に認識させてくれたのが、少し前のソロ・ピアノ作『オニリカ(Onirica)』(Sketch)だった。

この新作『テンタティヴ』もソロだが、今回はスタンダード集。「いつか王子様が」「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」「ディア・オールド・ストックホルム」をとり上げているところからすると、マイルスへの追想をテーマにしているのだろうか。ともかく、美曲を自ら紡いで尽きることがないユルトルジェは、誰もが取り上げてきたお馴染みの曲を、とても新鮮な解釈で差し出してくれた。かつて貪欲に吸収したジャズの古典的なフレーズ作法も、習得に励んだ和声法や対位法も、まるで呼吸するようにナチュラルに奏でられ、独特のリリカル表現という域へ相乗的に統合されている。そういう意味で自伝的なアルバムと言えるだろう。

Text by 岡島 豊樹

FEATURED ARTISTS
René Urtreger : piano

TRACKLIST

関連商品