MARIELLE KOEMAN | マリエル・コーマン

1966年生まれ、オランダ出身。音楽一家で育ったマリエルは6歳よりピアノを習い、18歳の時にクラシック声楽を専攻し歌手の道を歩み始める。後に夫となるヨスと出会い、軽い気持ちでジャズを歌い始めたのがきっかけである。柔らかいスイングと叙情的なバラードを組み合わせた独特なスタイルが特徴的である。またポルトガル語、フランス語、ドイツ語を歌いこなす多様性も備え持つ。特に多くのボサ・ノヴァをレパートリーとする。