JOS VAN BEEST | ヨス・ヴァン・ビースト

オランダのピアニスト。音楽一家で育つ。父、Arnold van Beest sr. (ジャズ・ピアニスト)はヨスが3歳の時、46歳の若さで急逝。7歳の時、兄Arnold van Beest jr. (ジャズ・ピアニスト)に彼の源となるエロル・ガーナー 、アート・テータム、ジョージ・シアリング、オスカー・ピーターソン等のコンサートに連れて行かれジャズの虜となる。1981年、ヨーロッパのJAZZ CLUB、国際的なフェスティヴァルヘの出演と自己のトリオを率いて活動を開始。彼独自の解釈で演奏される広範囲にわたるレパートリーは心地よいSwingを紡ぎ出しワン・アンド・オンリーの世界を構築、多数の賞を受賞する。テーマヘの意外性を持ったアプローチでしばしば即興で演奏されるイントロは彼の持ち味でもある。また、17年の間、世界的に放送されたWERELDOMROEP (オランダのインターナショナル・ラジオ・サーピス)のレギュラーピアニストを務める。