THERE GOES MY HEART - PER-OLA GADD

THERE GOES MY HEART - PER-OLA GADD

Liphone Records

  • ¥2,619
    単価 あたり 
税込 全国送料無料


完売

THERE GOES MY HEART

ペール=オッラ・ガッド


Release Date : 02/23/2007
Product Number : LICD3224
Recording : 2002
Format : CD (Pケース仕様)

シャフラノフの軽やかなプレイとジャズの持つ優雅な味わいが、フルートの音色と相まってより引き立ち、ガッドの端正なベースがしっかり包み込む。テーマのメロディにこだわった、静かな空間によく似合う作品です。

音楽をステレオ以外で聞くようにいつからなったんだろう?パソコン、カーステレオ、あるいは携帯プレーヤー、実に様々な聞き方が出来る時代になったものだ。道具が変わると音楽の聞き方も変わって来るから不思議だ。音楽を自由に持ち出せるようになると音楽で情景を想像するのでは無く情景に合わせた音楽をその都度持ち出して聞いてしまう。そうして僕たちは音楽を道具にして夢の世界へ飛び立つ手段を失って行くのだ。最近そんな風によく考える。音楽と対峙して感じるとても幸福なひと時を少しずつ失っているような気になる。

あなたが今、手にしているこのアルバムはそんなイージーな聞き方をして欲しく無いタイプのアルバムだ。とは言え聞き手に激しく迫ってくるような自己主張の強いタイプでも無い。お洒落なスタンダードナンバーが並んでいる訳でも、気合いの入ったオリジナルナンバーが演奏されている訳でも無い。どこかで聞いた事のある素敵な旋律を持つ曲を腕利きのミュージシャンたちが愚直なまでにテーマのメロディにこだわって演奏したと言う事が最大の「売り」のアルバムだ。もしあなたがステレオを持っているのなら簡単に外に持ち出さず是非そこで聞いて欲しい。そして本なども読んだりせずにこの優しいメロディたちと対峙して聞いて欲しい。人生の引き出しを持っている人なら必ず何かが見えて来るはずだから…。ムーンリバーのメロディとシャフラノフのソロと来た日にゃあ……。

Text by 増田 裕明

FEATURED ARTISTS
Per-Ola Gadd : bass
Vladimir Shafranov : piano
Bernt Rosengren : tenor sax , flute, alto flute
Bengt Stark : drums

TRACKLIST

関連商品