FRANCESCA TANDOI | フランチェスカ・タンドイ

イタリアローマ生まれ。12歳のときにピアノが好きと言う理由で演奏を始め数多くのスタンダードジャズナンバーに興味を持ちオスカー・ピーターソンはじめその時代の著名なミュージシャンの影響を受ける。2009年にハーグ王立音楽院で学ぶためオランダに移る。当時音楽院の試験官であったフリッツ・ランデスベルゲン(現トリオのドラマー)にその才能(上品でミュージシャンとして完成された美しいタッチ、スウィングするアプローチ)を見出され、オランダ国内で共に演奏活動を開始。海外での活躍の場も増え、スイスのアスコナでのコンサートは大成功をおさめる。ピアニストのモンティ・アレキサンダーやタミール・ヘンデルマンは、彼女を最も将来を有望視される特別のアーティストと賞賛している。