TUBBY'S GROOVE - TUBBY HAYES QUARTET

TUBBY'S GROOVE - TUBBY HAYES QUARTET

Atelier Sawano

  • ¥2,619
    単価 あたり 
税込 全国送料無料


TUBBY’S GROOVE
タビー・ヘイズ・カルテット


Release Date : 05/27/2011
Product Number : AS110
Recording : 1959
Format : CD

テナー・サックス&ヴィブラフォンを多彩 & 自在に操るタビー・ヘイズのプレイにノック・アウト。生まれる「GROOVE」は快感の一言に尽きる。

「Groove」とは?「ノリ」と言われることが多いが、やはりプレイヤーやリスナーが自己陶酔できる気持ちのよいリズム(活性)である。このGrooveがプレイヤーの評価につながることは間違いない事実であるが、そんなGroove感をたっぷり味わえるアルバムが今回澤野により丁寧にリマスタリングされCD化となった『Tubby's Groove』Tubby Hayes Quartet(TAP29)だ。

Tubby HayesがThe Jazz Couriers時代を見事に消化し、コンポーザーとして、またアレンジに磨きをかけ最高に脂がのりきった時を捉えた重要な作品だ。ワンホーンアルバムとして彼の個性を十分に発揮した、いわば集大成的な代表作である。Tubbyこの時24歳、すでにヨーロッパを代表するテナー奏者にあげられる。録音は1959年12月にデッカスタジオで行われ、プロデューサーにTonny Hall、エンジニアにMichael Mailes、フォトグラファーにBill Pennyを起用。メンバーはTubby Hayes(ts,vib)、Terry Shannon(p)、Jeff Clyne(b)、Phil Seamen(ds)のカルテットである。

とにかくオープニングのTr.1 Chano Pozo作『Tin Tin Deo』につきる。Tubbyのソロがスゴイ。他メンバーを置き去りにし異次元でプレイしているのだ、このノリ、気持ち良さ、Grooveが集約されている。『Tubby's Groove』まさにGrooveのかたまりだ。これを聴かずしてTubby Hayesは語れない。

Text by 足立 豪樹

FEATURED ARTISTS
Tubby Hayes : tenor sax, vibraphone
Terry Shannon : piano
Jeff Clyne : bass
Phil Seamen : drums

TRACKLIST

関連商品


作品のご感想

1 review の平均 この作品の感想を書く