TIME TO SMILE - THOMAS FINK TRIO

TIME TO SMILE - THOMAS FINK TRIO

Atelier Sawano

  • ¥2,619
    単価 あたり 
税込 全国送料無料


TIME TO SMILE
トーマス・フィンク・トリオ


Release Date : 04/25/2008
Product Number : AS075
Recording : 2007
Format : CD

穏やかな笑みに導かれ、時間は穏やかに流れる。安らぎの空間に、慎ましく寄り添う熟練のモダン・ピアノ・トリオ。 スタンダードの持つ魅力を丁寧に丹精込めて磨き上げ、端々にベテランらしい技が光る。

美しいスタンダードを原曲に忠実な演奏で、アクリル絵の具のようにクリアーな輝きを放つこの『Time to Smile』。自然でストレスのない音楽そのものです。これぞATELIER SAWANOのブランド力の成せる技。そんな理想的モダン・ピアノトリオを、リュクスな午後のひとときに。

トーマス・フィンク・トリオの素晴らしさは、メロディーを大切にしながらも、たとえば「Emily」におけるミシソ~♪ミシソ~♪という主旋律の展開から、ベースソロの後にシソミ~♪シソミ~♪とひとひねりしてから元に戻すあたりの、ほんのちょっとした軽妙な"洒脱さ"に代表されます。この些細な仕草に唸らされるのです。また、「When I Fall in Love」の最後、ピアノソロにひっそりと重ねられるベースの1音が、小さな吐息のようにも取れるニクイ演出をするあたり、青二才では到底真似出来ません。詩の内容の理解力を探るのもピアノトリオの楽しみ方の醍醐味です。スタンダードはだれもが知っているからこそ、その曲に生命力を吹き込んでいるかどうかがポイントなのです。

このアルバムの真骨頂は、さすがというかやはりというか、トーマス・フィンクが敬愛してやまないビル・エバンスでお馴染み「Polka Dots and Moonbeams」でしょう。あまりにソックリなので棚からエバンスの『Moonbeams』を取り出して聴き較べたほど。その慌てぶりに、いつもは菩薩のように微笑んでくれている『Moonbeams』のジャケットの女性(Velvet Underground & NicoのNico)の写真が、まるで嘲笑っているかのように見えてしまった。そんな他愛もない素晴らしき人生に、上質な音楽を。

Text by 前泊 正人

FEATURED ARTISTS
Thomas Fink : piano
Johannes Fink : bass
Werner Schmitt : drums

TRACKLIST

関連商品